新鮮な野菜と果実で、笑顔のレシピをお届けします!健やかな毎日をあなたに。

RSS

あけましておめでとうございます


本年も野菜やレシピをたくさん紹介していきます。

よろしくお願いします。
2022-01-05 08:55:21

【いまが旬】甘くてやわらか 煮物やスープに(布引だいこん)

カテゴリ : いまが旬
今週紹介するのは、和歌山市布引地区で栽培されている大根です。見た目はまっすぐに伸びていて、太いです。水はけの良い砂地で育てるため、きめ細やさやみずみずしさがあります。甘くやわらかいのも特徴で、「布引だいこん」の名で知られています。これから2月下旬ごろまで出回ります。
 店では、張りとつや、重みがあるものを選んでください。保存する際は、湿らせた新聞紙に包むと乾燥を防ぐことができます。おいしくいただける目安は保存して2週間程度。半月切りにして水気を拭いて冷凍しておくと。おでんや煮物に使いやすいです。
 私のおすすめは、牛すね肉と乱切りにした大根との和風スープ。寒い日にうってつけです。
(和歌山青果・田端秀行取締役部長)

上記の記事は朝日新聞に掲載されました。
2021-12-25 09:59:43

【いまが旬】鮮やかな黄緑色 弾力あるものを(春キャベツ)

カテゴリ : いまが旬
今週は春キャベツを紹介します。季節は冬になるというのに?と思うかもしれません。名前に「春」と付きますが、寒い時期に食べるのが一番おいしく、甘みも強い。巻きがゆるく、葉が柔らかいのが特徴。4月ごろまで市場に出回ります。写真は和歌山産です。
 ビタミンCやカルシウムを多く含んでいます。店で選ぶ時は、鮮やかな黄緑色で、弾力があるものを保存する場合は、乾燥に気をつけてください。新聞紙に包んでから野菜室に入れるとよいでしょう。
 食べ方は汁の具、漬物、煮物などいろいろありますが、ニンジン、プチトマト、クレソン、炒めたベーコンとともに盛った生サラダがおすすめ。柔らかさと甘みが楽しめます。
(和歌山青果・田端秀行取締役部長)

上記の記事は朝日新聞に掲載されました。
2021-12-25 09:42:46

【いまが旬】天ぷらや浅漬け お米代わりにも(カリフラワー)

カテゴリ : いまが旬
今週は、長野産のカリフラワーを紹介します。見た目がブーケのようにかわいらしく、「花野菜」の呼び名もあるほど。白いものが一般的ですが、紫やオレンジなど色が付いた品種もよく出回ります。
 栄養価も白いものより色付きの方が高く、ビタミンCが豊富。店では、硬く締まっているものを選びましょう。日持ちしないので早めに食べてください。
 調理方法は、パスタやカレーに入れたり、天ぷらや浅漬けにしたりしてもおいしいです。最近はお米の代わりにするカリフラワーライスも注目されています。サクサクして食べ応えがあります。カシューナッツやオリーブオイル、白みそ、パセリなどで味を調えてください。
(和歌山青果・田端秀行取締役部長)

上記の記事は朝日新聞に掲載されました。
2021-11-02 09:33:05

【いまが旬】ビタミンC豊富 疲労回復に効果(ブロッコリ)

カテゴリ : いまが旬
今週は、ブロッコリーを紹介します。写真は長野産で、10月ごろまで出荷が続きます。中央に写る氷は、鮮度を保ったまま輸送するために入れたものです。
 お店では、つぼみが小さく粒がそろっていて、緑色が濃いものを選びましょう。ビタミンCの含有量はレモンの2倍ともされ、野菜の中でもトップクラス。疲労回復や風邪予防に効果があると言われています。
 おすすめの調理方法は、ピリッとした辛みを楽しみたいなら唐辛子と鶏肉の中華炒めですね。サラダにするならツナマヨネーズであえてみては。ゆですぎず、歯ごたえの残るようにゆでるのがコツ。ポタージュならミキサーにかけて牛乳を加えて一煮立ちさせて。鮮やかな緑が食欲をそそります。
(和歌山青果・田端秀行取締役部長)

上記の記事は朝日新聞に掲載されました。
2021-10-16 09:35:24

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

カレンダー

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
… 休市
… 臨時開市日